エコカーなび TOP → 代替エネルギー 天然ガス自動車

天然ガス自動車

天然ガス自動車とは、天然ガスを燃料とするエンジンを搭載した自動車です。ガス自体はもちろんですが、燃焼した後の排出ガスも毒性がありませんのでとてもクリーンな自動車であると言えます。

使用されている燃料は、家庭や工場などで使用されている都市ガス(天然ガス)になります。天然ガス自動車の中でも、天然ガスを気体のまま圧縮し使用する、圧縮天然ガス自動車が最も普及しています。

天然ガスは、硫黄分などの不純物を含まないクリーンなエネルギーで、粒子状物質や窒素酸化物などもかなり減少されます。そのため、黒煙が排出されません。通常の自動車からの改造も簡単で、走行性能はディーゼル車と同等程度になります。

天然ガス自動車は排ガスがクリーンで環境にやさしく、安定した石油代替エネルギーであることが最大の長所になります。ガソリン車と比べると、CO2の排出量は約20〜30%減らすことが出来ます。最近は、ガス会社やバスなどの運搬関係で普及されてきています。

天然ガス自動車は燃料の貯蔵方法で分類しますと、液化天然ガス車、圧縮天然ガス車、吸着天然ガス車の3種類に分けることが出来ます。この中で一番普及しているのは、圧縮天然ガスになります。中でも、車で大型車両のトラックを中心に導入されています。例えば日産の小型バスや、スズキワゴンRなどです。

天然ガス自動車はとてもクリーンな自動車になりますので、乗るだけで地球環境を配慮することが出来ます。地球規模で環境問題が深刻さを増す中、環境を守り、快適な生活を築いていく上で不可欠な天然ガス自動車の本格的普及が今、強く望まれています。

代替エネルギー