エコカーなび TOP → 代替エネルギー 水素自動車

水素自動車

水素自動車とは、水素をエネルギーとする自動車です。水素自動車という言葉を耳にすることは少ないですが、簡単に言うと燃料電池自動車の分野になります。

燃料が水素という点では燃料電池車と同じになりますが、水素を内燃機関で燃焼させて動力源とする点が燃料電池車とは違います。燃焼後は水のみを発生するため、CO2などが発生することはありません。そのため、水素自動車は地球温暖化対策にも貢献できるエコカーになります。

水素自動車には、水素と酸素の反応で生じる電気でモーターを回す「燃料電池車」と、水素をガソリン代わりに燃やして走る「水素エンジン車」の二つのタイプがあります。日本国内では1970年代から、武蔵工業大学(現在の東京都市大学)の古濱庄一の下で、市販のレシプロエンジンの改造で研究が始められました。

1990年代から、マツダとBMWが既存のエンジンを改良する形で水素燃料エンジンの開発を進め、2006年に水素エネルギー開発研究所が水素と水を燃料とするエンジン(HAWエンジン)を開発し、世界35カ国で特許を取得しています。

ガソリンスタンドに当たる「水素ステーション」で高圧水素を充てんするため、補給時間はガソリン車並みに短くなります。また、燃料満載時に走れる距離は100〜150キロ程度の電気自動車より格段に長く、未来車の本命と期待されています。

燃料電池が実用化されなくても水素さえ豊富にあれば、供給されれば利用することが出来ます。ですが、内燃機関の効率の問題などもありますし、窒素酸化物などの排出の問題も残っていますので、それらが今後の課題になりそうです。

代替エネルギー


アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!