エコカーなび TOP → エコカーと割引 エコカー減税

エコカー減税

エコカー減税というのも最近、良く耳にする言葉だと思います。このエコカー減税とは、簡単に言うと、景気対策として発表されたものになります。

近年は不景気で、自動車産業も売上が落ちてきています。しかし日本の経済は、自動車産業に引っ張り上げられている部分があり、自動車が売れなくなると、それに付随する多くの部品メーカーなどの売上も減りますので、日本の経済にとってあまり良くありません。そこで、エコカー減税を導入することで、自動車業界の景気が良くなれば、日本の経済ももちなおすということになります。同時に、車の排ガスによる環境汚染や温室効果ガスの予防もできますから、一石二鳥ということです。

車を買い替える予定の方や新規購入者の方にとっては、エコカー減税が自分の懐事情にどれぐらい影響があるのか興味深いと思います。そこで、エコカー減税をさらに詳しく説明したいと思います。エコカー減税は、2012年4月までに車検を受けた車両の重量税と2012年3月までに登録・届出された車両の取得税に適用されることになります。中古車の場合には、初年度登録が平成15年度10月以降の車のみ適用され、税の軽減率は車の環境性能によって100%、75%、50%の3段階に分かれています。

●100%減税
電気、天然ガス、プラグインハイブリッド、グリーンディーゼル車など燃費基準を満たしたハイブリット車に適用されます。

●75%、50%減税
総重量3.5t以上のディーゼル車、低燃費・低排出ガス認定車に適用されます。

☆4つ以上で、平成22年度燃費基準を+25%以上達成、+20%以上達成、+15%以上達成の3段階に区分し、+25%以上達成なら75%減税、+20%以上と+15%以上は50%減税というふうになります。

エコカーと割引