エコカーなび TOP → 様々な補助動力 LPガス自動車

LPガス自動車

LPガス自動車とは、家庭用の燃料として用いられている液化石油ガスを燃料とした自動車です。LPガスも天然ガス同様に、硫黄分などの不純物を含まないクリーンエネルギーになります。そのため、二酸化炭素(CO2)排出量はガソリン車に比べて12%程度少なく、粒子状物質(PM)及び窒素酸化物(NOx)は大幅に減少します。またガソリン車に比べて、燃料代が約半分である等のメリットもあります。

LPガス自動車の排気ガスがクリーンであるということが認められてからは、ディーゼル自動車を中心として、その車の代替として国や地方自治体がバックアップするようになりました。海外のタクシーはほとんどがガソリン車ですが、日本では1963年頃からタクシーがガソリン車からLP自動車へ替わり、現在全国に約23万台あるタクシーのほとんどがLPガス自動車になります。

LPガス自動車については、これまで燃費基準は定められていませんでした。タクシー業界がLPガスを燃料として使用してから20数年が経過しましたが、多くの利点及び安全性がきちんと立証されています。

タクシー1台あたりの走行距離は自家用乗用車の約7倍であるため、燃費基準改善によって高い地球温暖化防止効果が期待されます。またタクシーだけでなく、配送車をたくさん保有する生協の車もほとんどがLPガス自動車に転換されています。

LPガス自動車は昭和37年頃から走っていますが、現在のガス容器になってからLPガス関連の事故例というのは一度もありません。ガソリン車よりも安全性が高いと言っても良いほどです。その理由は、厳しい法律の元で管理されているためであると言えるでしょう。

様々な補助動力


ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!

アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!