エコカーなび TOP → 関連法 自動車NOx・PM法

自動車NOx・PM法

自動車NOx・PM法とは、正しくは「自動車から排出される窒素酸化物及び、粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法」といい、自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の抑制のための、大気汚染防止法の特別措置法です。

この法律は、ディーゼル自動車から排出される窒素酸化物(NOx)を抑制することを目的に、1992年に関東地方と関西地方の大都市圏を対象に制定された「自動車NOx法」が元になっています。NOx法そのというのは大気汚染、特に酸性雨の原因と言われる排ガス中のNOx総量を削減するということを目的とし、環境省が中心になってまとめた法律になります。

自動車NOx法に基づいて、車種規制を始めとする対策が実地されましたが、大都市地域における窒素酸化物による大気汚染はあまり改善されませんでした。また、自動車交通量の増加や、粒子状物質(PM)が発がん性の恐れがあるという研究などによって、この法律が改正され、自動車NOx・PM法となりました。この改正によって、規制対象物質としてPMが加えられ、対象地域として中京地方が追加されています。

NOx・PM法は首都圏・大阪など、大気汚染がひどいとされる場所を対策地域として定めていて、対策地域に登録している車でNOxとPMの排出基準に適さない車は車の所有、使用が制限されるという法律になります。

対象車は、トラック・バス(ディーゼル車、ガソリン車、LPG車)及びディーゼル乗用車、並びにこれらをベースにした特種用途自動車になります。

関連法