エコカーなび TOP → 関連法 低排出ガス車認定制度

低排出ガス車認定制度

低排出ガス車認定制度とは、自動車排出ガスからの有害物質の排出が最新規制値より、どのくらい削減されているか示すための制度です。国土交通省が、排出ガス低減性能の高い自動車の普及を促進させることを目的としていて、測定される排出ガスにはガソリン、LPG、ディーゼル、CNG、電気等の燃料があります。

耐久走行をした後に、それらが出した排出ガスの量を測定して評価する制度になります。この制度は2000年の4月から施行されました。2006年の4月からは、車両総重量が3・5t以上のトラックやバスなども、世界で初めてとなる燃費基準が設定されました。

自動車が国土交通省による低排出ガス車認定制度の認定を受けると、認定されたことを示すステッカーがリアウィンドウに貼られます。この認定を受けた自動車は、排出ガスのレベルに応じて、自動車税や自動車取得税を払う際に特例措置の対象となります。

また、低燃費で低排出ガス車には、普及促進を目的とした自動車グリーン税制が適用されることになります。つまり、認定を受けた自動車は排出ガスのレベルに応じて、自動車税や自動車取得税を払う時に軽減されるということです。

基本的には、モデルチェンジやマイナーチェンジなどで新たに申請していく車が対象になります。国土交通省ではこの制度の活用を通じて、一般消費者の選択の便が図られることにより、低排出ガス車の普及に資することを期待しています。

関連法


白衣 通販
白衣の通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イムシスト
イムシストなら医療関係者向けの製品情報サイトで!