エコカーなび TOP → 研究・開発中のエコカー DME自動車

DME自動車

DME自動車とは、ジメチルエーテル=DMEを燃料としてディーゼルエンジンを動かして走行する自動車です。

DMEはバイオマスや天然ガス、石炭などを原料にして合成される燃料で、天然ガスや石炭から安価に大量生産が可能な合成液化燃料です。そのため、NOxを大幅に削減することが出来ます。硫黄酸化物の発生も全くと言っていいほどありません。これがDMEの一番の特徴であると言えるでしょう。

数気圧の加圧で容易に液化し、LPGと同様のハンドリング特性を持ち、高セタン価を有し圧縮自着火運転が可能なことから、低公害高効率ディーゼル新燃料として近年注目を集めています。2006年には、年間約200万トンの燃料としての市場導入がされました。現在でもディーゼルエンジンとともに、ボイラ、ガスタービン、燃料電池等のDME利用技術研究開発が産学官一体となって急速に進められています。

ディーゼル燃料として利用するに際して、開発当初は15MPaの噴射圧力を一定に保つ方式が採用されました。また、DMEは常温・常圧では気体であるため、LPG燃料などと同様に潤滑性や粘性で軽油には劣ります。そのため、潤滑性向上剤(主として脂肪酸)を添加しますが、粘性向上剤に適切なものは見つかっていないこともあり、低粘性が原因で発生するリーク(液漏れ)対策が行われています。

また液体での物理的性質が軽油など、従来のディーゼル燃料と全く違うものになりますので、既存ディーゼルエンジンでは燃料噴射系に変更が必要になります。

研究・開発中のエコカー


ナースサンダル かわいい
かわいいナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

札幌市 ピアノ調律
http://www.piano-inoue.com/