エコカーなび TOP → ガソリン又は軽油 低排出ガス車

低排出ガス車

車の排気ガスには有害な物質がたくさん含まれています。この有害物質の中には、人体に影響を与えるものもあります。そのため自動車メーカーでは、三元触媒という排出ガスの有害物質を浄化する装置を取り付けて、排気ガスに含まれる有害物質を極力抑えるようにしています。

しかし、これでも有害物質を完全に防ぐということはできません。そのため国土交通省では、排出ガスに含まれる有害物質の量に一定の基準を設け、有害物質を排出する量が少ない車を「低排出ガス車」として認定する制度を設けたのです。

低排出ガス車は、平成12年4月から「低排出ガス車認定実施要領」に基づき、平成12年排出ガス基準よりも排出ガスを低減させた自動車で、国土交通省が認定した自動車です。また新たに平成15年10月から、平成17年排出ガス基準よりも排ガスを低減させた自動車の認定制度も導入しています。

認定を受けた自動車には、排出ガス低減レベルを表示するステッカーを貼り、わかりやすく表示し、消費者に対し普及を呼び掛けています。リアにブルーの丸いステッカーが貼ってある車を見かけることがあると思いますが、それが低排出ガス車に認定された車になります。

「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に基づき定められている、燃費基準(トップランナー基準と言われています)を達成している自動車を指し、京都議定書で約束した温室効果ガス6パーセント削減のための施策として、自動車の燃費向上が挙げられています。

ガソリン又は軽油


エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!