エコカーなび TOP → エコカーの基本 地球環境の現状

地球環境の現状

現在、地球環境が問題になってきているかと思います。地球環境が壊れてきています。近年、地球上では環境破壊が進み、現状は考えている以上に深刻になっています。

最近、「エコロジー」という言葉を頻繁に耳にしますが、環境保護に有効な技術や経済システムの導入は、実際に自然が破壊されていくスピードに対しかなりの遅れをとっています。

異常気象が目立つ世の中、環境破壊の根本は大気の汚染になります。どこかの空気が汚れれば他の地域で酸性雨が降り生態系が崩れ、二酸化炭素やフロンの排出により温暖化やオゾンの破壊となり、私たちの生活を脅かします。原因としては、エアコンや冷蔵庫等の電化製品、生活廃水、自動車など、人間の日常生活に欠かせないものが原因となっていることが多数です。

二酸化炭素を吸い取ってくれるのは森林や海ですが、それらの数は減ってきています。しかし、人が二酸化炭素を排出する量というのはどんどん増えてきています。そうなれば、当然地球は温暖化が進みます。

最近は冬でも暖冬が進んでいますし、北極なども何十年後かには溶けてなくなると言われています。地球も2012年には少しおかしくなるという話まで最近は出ています。2012年はもうすぐになりますので、日本でももう少しエコに対する技術などが導入されれば良いかと思います。

シンガポール、ドイツ、オランダ等の国々では、国を挙げたプロジェクトによって車の排気ガスを規制し、車そのものを入手しづらい環境を作り始めています。日本でも平成15年10月、東京都でディーゼル車規制の条例が定められたことは記憶に新しいでしょう。

エコカーの基本