エコカーなび TOP → エコカーの基本 超低公害車と無公害車

超低公害車と無公害車

低公害車とは、有害物質の排出量が少ない自動車のことを言います。ガソリンや軽油などの石油系燃料の内燃機関自動車は、窒素酸化物を始めとして多くの有害物質を含んだガスが出ますが、低公害車はこの有害ガスがかなり少なくなります。電気自動車やハイブリッド車などがこれに当たります。

低排出ガス車のうち、特に排出ガスの低公害性が高いものを超低公害車という場合があります。電気自動車など排出ガスがゼロであるものは、無公害車という場合もあります。また、無公害車に近いレベルの車両を極超低公害車という場合もあります。

現在、より環境性能が高い低公害者の開発や量産効果、規制緩和等の価格引き下げなどの向上を進めることが挙げられています。2010年までに、1000万台以上の低公害車の普及等の目標が立てられました。この目標で対象になっている低公害者というのは天然ガス自動車、電気自動車、ハイブリッド自動車、メタノール自動車などの4種類と、低排出ガス認定車が含まれます。

この中にある電気自動車は、排気ガスを全く出しません。その他の車ももちろん有害物質の排出が少なくなります。ハイブリット自動車は、燃料に通常の車と同じガソリンを使用することから一番普及が進んでいますが、その他の低公害車は燃料や電気を補給する新しい施設などが必要となりますので、普及するにはもう少し時間がかかりそうです。

ただし当然のことながら、これらはその車両が走行する周囲の限定的な環境に対しての「低公害・無公害」で、例えば電気自動車の走行に必要な電力を石油燃料などを用いて発電する過程などは考慮されていません。

エコカーの基本


エダラボン
エダラボンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!