エコカーなび TOP → メーカー別エコカーの特徴 日産のエコカー

日産のエコカー

日産のエコカーで、最も注目されているのは「エクストレイル」という車種ではないでしょうか。エコカーというと、ハイブリットカーを思い浮かべる方も多いと思いますが、このエクストレイルという車種は、クリーンディーゼル車になります。クリーンディーゼル車・エクストレイルは、2008年、ポスト長期規制と呼ばれる厳しい自動車排出ガス規制に適合した世界初のクリーンディーゼル車と言われています。ちなみにこれを新車購入すると、100%減税で、補助金が25万円になります。これはかなりお得ですよね。

また他には、エコカー減税に合わせ、日産で人気のあるキューブ、ノート、ティーダ、ティーダラティオ、セレナ、ウイングロード、エクストレイルの7車種を減税対象の車になるように改良したようです。これらシリーズのエコカーは、自動車取得税と自動車重量税が50%オフ、もしくは75%オフになります。

日産は、次世代エコカーの開発には特に積極的で、世界初となるクリーンディーゼルに続いて、電気自動車(EV)を2010年の秋から生産すると発表しています。年間5万台ほどの規模から生産し、2年後である2012年の量販に向けて生産台数を拡大すると言っていますので、これが予定通りにいけば、電気自動車もかなり身近なものになります。価格の問題もあると思いますが、日産の今後に期待したいと思います。

もし、日産の車の新規購入を考えている場合は、日産自動車のカーラインナップなどが表示されたウェブサイトがありますので、どのような自動車が減税や補助金の対象になっているかをしっかりと確認するようにしましょう。

メーカー別エコカーの特徴


エボルトラ
エボルトラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!