エコカーなび TOP → メーカー別エコカーの特徴 次世代エコカー

次世代エコカー

最近では、次世代エコカーという言葉を耳にすることも多いですが、では次世代エコカーというのは、どのようなもののことを言うのでしょうか?

それは、走行時にCO2 や窒素酸化物であるNox(ノックス)、硫黄酸化物であるSox(ソックス)を排出しない、環境にやさしい自動車のことを言います。ですので、最近販売されているエコカーは、次世代エコカーと言うことができます。

近年、不況の影響を大きく受けている自動車市場ですが、次世代エコカーの販売はとても多いようです。ガソリン車そのものの販売が、なくなってしまうのではないかと思うほど、エコカーの販売競争は激しくなっています。

これは、環境性能に優れた自動車を普及させるため、ハイブリッド自動車・電気自動車・燃料電池自動車などの次世代エコカーにかかる重量税や取得税を大幅に減免する政策を、国がスタートさせたからです。これも不況に喘ぐ、国内自動車市場を賑わすためであるとも言えます。この賑わった状態が定着すると、ガソリン車は前世代の車で、普通に走っている一般車は全部、次世代エコカーということになってしまうかもしれませんね。

しかし、賑わっているこの次世代エコカーにもいくつか問題はあるようです。その中で今言われているのは、走行中の音が小さすぎるため、歩行者が車に気付かないということです。そういった不満の声があがっているので、各自動車メーカーはまた必死に対応策を探しています。

問題点はありますが、次世代エコカーが注目されていることに変わりはありません。この機会にエコカーに乗り換えるというのも良いかもしれませんね。

メーカー別エコカーの特徴


レーシック
レーシックなら吉野眼科の吉野先生がオススメです!

クラフォラン
クラフォランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!