エコカーなび TOP → モーター 電気自動車

電気自動車

電気自動車とはその名前の通り、電気エネルギーで走行する自動車です。バッテリーに蓄えた電気で、モーターを回転させて走る自動車を電気自動車と呼んでいます。

エンジンや燃料タンクの代わりに、モーターや電子制御装置、電池などが搭載されています。この電池に蓄えられたモーターを稼働させて走行することになります。電池ですが、ガソリン車と同じぐらいの走行が可能となっています。

動力装置は電気モータ、バッテリ、パワーコントロールユニット(動力制御装置)から構成され、走行中に全く排気ガスを出さず、騒音もほとんどありません。水力や風力による電源を組み合わせると、地球温暖化対策にも効果があります。

仕組みが単純な構造となっていますので、電気自動車は部品が通常の車よりも少なくなります。そのため、メンテナンスなども比較的簡単に行うことが出来るというメリットがあります。

環境にも良いですし電気自動車にはたくさんのメリットがありますが、1充電あたりの距離が短く、長距離走行には向いていないというデメリットがありました。しかし、来年2010年からバッテリー交換式の電気自動車が発売される予定がありますし、バッテリーの技術はとても改良されてきています。そのため、家庭のコンセントなどでも手軽に充電をすることが出来ます。充電器のスタンドが整備されていれば、走行している間であっても充電することが出来ます。

近年は、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池を搭載した第2世代電気自動車が、1充電あたり約200km以上の走行を記しています。電気自動車を開発するためには、二次電池の高性能化や長寿命化・コストダウンが必ず必要となってきますので、今後もそれらを実現するための開発は進んでいくと考えられます。

モーター


ドクターエム株式会社