外壁塗装の色選びについて

外壁塗装を実際に始める前に、お客様には色を選んでいただくわけですが、実はこの色選びは、塗装作業と同じくとても大切な作業です。業者が完璧に塗装しても、色選びの結果で「何か思っていた雰囲気に仕上がらなかった」ということはありえます。そこでこの記事では、外壁塗装の色選びについて知っておきたいことをまとめています。外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装の色選びは意外に難しい

外壁塗装 多治見

外壁塗装は、仕上りが気に入らないからといって手軽に塗り直せるものではありません。塗り替えのサイクルは、普通の住宅の場合で10年程度ですから、気にいらなくても次の塗り替えまで待つとなると気持ちも沈んでしまうため、やはり色選びは失敗できません。小林塗装では、カラーシミュレーションによる提案や、見本板による実際のカラー確認を行っているので安心していただけると思います。それでも色選びは難しいものなので、ありがちな失敗例や色選びのヒントをご紹介していきたいと思います。

外壁塗装でありがちな失敗

外壁塗装 多治見

塗装の色選びを誤ることで発生しがちな失敗についてご紹介します。

汚れが目立ってしまう

カラーチョイスを誤ると、塗装したおかげで、逆に汚れが目立ってしまうという事態になることがあります。塗り直して外観を美しく保つはずだったのに、チョイスによってはかえって汚れが目立ってしまう場合もあるのです。

思っていたカラーではなかった

これは、もっともひんぱんに発生する失敗かもしれません。カラー見本を見て選んだはずなのに、実際に塗ってみたら何かイメージとは違うという失敗です。塗料は、明るさや影の影響により、見本と実際の塗装では異なる色に見える場合もあります。小林塗装では、見本板に実際の塗料を塗り、お客様に確認していただきますので、この点はそれほど心配する必要はありません。

屋根やドアとカラーが合わない

建物に現存するドアや窓枠などのカラーと塗装色がマッチしないという失敗です。壁だけを見れば美しく仕上がっているのに、総合的に見ると何かおかしい…このような失敗も起こりがちです。

街の景観とマッチしない

自分の家なのだから関係ないのでは?という方もいらっしゃるかもしれませんが、一概にそうともいえません。後述しますが、自治体によっては「景観ガイドライン」を設けていることもあるので、無視はできないのです。また、周囲から浮いてしまうようなカラーリングは避けたいと考える方も当然、いらっしゃいます。あまりにも強い印象を与える色のコンビネーションは、周囲の住宅や自然とのコントラストがはっきりしてしまうので避けたほうがいいでしょう。塗り替え工事を依頼する前に周辺を歩いてみて、どんな雰囲気にするべきか考えてみるのがおすすめです。周辺の家には、おそらくカラーコンビネーションのサンプルになりそうな家がいくつかあると思います。インターネットを活用して近所の家の色をチェックしてもいいでしょう。

塗装工事自体への不満

これは直接、塗装のカラーに関係するわけではありませんが、失敗の原因です。色選びの前に業者選びで間違ってしまったといっていいでしょう。「見積りに含まれていると思っていた作業が行われていない」「追加で費用がかかった」など、業者に対する不満は枚挙にいとまがありません。もっとも、業者の能力や経験が足りなかったために「イメージが違う」ということになる可能性はあります。しかし結局、業者選びが問題だったのです。
このような失敗を避けるには、必ず相見積りにより比較・検討することが大切です。また、「異常に安い見積書」や「特別サービス」などをうたって契約を促すような業者は避ける必要があります。塗装には、抜いてはいけない工程があります。塗りの回数も3回です。見積書ではわからないからと安い塗料を使うなど、消費者の目を欺くような形で商売をしている業者も残念ながら存在するため、怪しいほどに安い見積りを出してくる業者には、十分に気をつけましょう。

外壁塗装の色選びを成功させるために大切なこと

外壁塗装 多治見

色選びに関して覚えておきたいことや注意点をまとめてみました。

面積効果

面積効果は、目の錯覚です。面積効果は、同じ色なのに、面積の大小により異なる色味に見えるという現象です。ネット通販などで買い物をすると、ディスプレイで見たものとはイメージの異なる商品が届くことがありますが、これも面積効果によるものの可能性があります。
面積効果は、暗色の場合は面積が広くなるとその暗さが強調されます。明色の場合も面積が広くなるとその明るさが強調されます。小林塗装では、塗装前に実際の色味を確認していただきますので、色のイメージの違いは起こらないと思います。

シミュレーションや色見本はあくまで参考

塗装色は、カラーシミュレーションやサンプルにて確認するのが普通です。ただ、実際に塗ると、イメージとのミスマッチングは大きくなりがちです。塗ってみるのが一番わかりやすいのですが、これは難しい…という場合におすすめのチェック方法があります。
サンプルは部屋の中だけで確認するのではなく、外に出て、光に当ててみましょう。色は光の加減だけでも見え方が異なります。また、外壁にサンプルを当てて色味をチェックするのもおすすめです。

家のパーツとマッチするか考える

屋根やドア、サッシなど、既存の家のパーツと塗料の色がマッチするかどうかも必ず確認しましょう。特に外壁に次いで面積の大きい屋根の色は、家の印象に大きく影響します。ただ好きな色を選ぶのではなく、全体のバランスを考えて選ぶことが大切です。

景観ガイドラインに注意

「外壁塗装でありがちな失敗」のところでも触れましたが、街の景観にマッチしない家はあまり好ましくありません。周囲と同じでもおもしろくありませんが、周辺環境や立地条件に応じて、塗り替えるカラーを決めるといいでしょう。これは周囲から目立つことが悪いという意味ではなく、調和が大切という意味でのことです。
そしてもう一点、環境面で注意しなければならないのが「景観ガイドライン」です。自治体により、街の景観を統一するために、一定のルールが定められている場合があります。代表的なのが、国際的観光地として知られる京都です。京都では、コンビニであっても景観ガイドラインに沿って建物を建てる必要があります。景観ガイドラインはどこの街でも適用されているものではありませんが、塗り替え前には必ず確認しておきましょう。

カラーはツヤの度合いを考える

サンプルではまったく同じようなカラーに見えても、ツヤの度合いが異なるカラーがあります。実際に塗装してみると、このツヤの度合いにより見た目がまったく異なりますので、やはり室内でチェックするだけでなく、必ず光に当てたり、外壁に当てたりして色味をチェックするようにしましょう。

影になる部分の色合いをチェック

日が当たる部分の色合いだけをチェックするのではなく、屋根の下などで影になる場合の色合いもチェックするようにしましょう。この影に注目すると、写真で色合いをチェックする際に実際の色味を想像しやすくなります。たとえば、はっきり影ができている場合は晴天時の写真ですが、日が当たっている部分の色の濃淡を確認すれば、ある程度は色味をイメージするのに役立つでしょう。